メニュー

教育新聞に掲載: 脱いじめ傍観者プログラム DVD付き教材を無償配布

Kyobun Logo



教育新聞に脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」が紹介されました。2017年7月14日

[以下引用]
千葉大学教育学部副学部長の藤川大祐教授が開発した、脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」のDVD付き教材の無償配布が7月14日、始まった。

同教材は、クラスの雰囲気がいじめの発生に関わるという、千葉大学、名古屋大学、静岡大学の共同研究成果に基づき、子供たちが「脱・傍観者」の視点に立っていじめの予防や解決方法を話し合い、考えるのを目的に作られた。

冊子「私たちの選択肢 利用の手引き」には、45~50分の授業時間で行えるモデル指導案やドラマ映像、千葉県柏市で実施した授業のアンケート結果などを掲載。

DVDには映像教材やワークシートを収録し、授業で活用できるようになっている。

本紙教育新聞で月1回「藤川大祐の視点」(電子版には「藤川大祐 注目の教育時事を読む」で掲載)を連載中の同教授を中心に、敬愛大学の阿部学講師、柏市教委、ストップイットジャパン㈱が連携して制作した。

希望者は、専用サイトから申し込む。冊子「私たちの選択肢 利用の手引き」もダウンロードできる。

(引用元: 教育新聞)
[引用ここまで]

▼全文はこちらでご覧いただけます。