メニュー

よくあるご質問


STOPit (ストップイット)とはどのようなものですか?

STOPitは様々な不適切な行為を軽減、抑止および管理する包括的なソフトウェア・プラットフォームを提供するテクノロジー企業です。

STOPitの優れた報告プラットフォームにより、ユーザーは担当者にリアルタイムで問題を報告することや、メッセンジャー機能を使って担当者とチャットをすることができます。組織の担当者は問題解決に向けてより迅速に対応することができます。

STOPitモバイルアプリはシンプル、迅速に使用できるだけでなく、ユーザー自身や他者を様々な問題から守る有効な手段となります。また組織の担当者には優れた管理システムのDOCUMENTit(ドキュメントイット)が提供されます。ユーザーからの報告・相談の管理、対応、共有を一元して行うことが可能です。後手の対応に回るのではなく、重大な事件を未然に防ぐことにも有効です。

STOPit サービスは現在アメリカの多数の学校、大学、企業、政府機関に採用されており、日本をはじめ他国への展開も進んでいます。

STOPitプラットフォームとはどのようなものですか?

STOPitプラットフォームはSTOPitモバイルアプリと、組織担当者向けの強力な問題管理ツールDOCUMENTitによって構成されています。STOPitモバイルアプリを使用し、ユーザーは迅速かつ安全に問題を匿名で報告できます。操作も驚くほどシンプルです。組織担当者はユーザーからの報告を効率よく管理できるクラウドベースの管理システム、DOCUMENTitを使用できます。様々なリスクを軽減し、コンプライアンスに準拠し問題に取り組むことが可能です。

STOPitモバイルアプリはどのようなものですか?

STOPitモバイルアプリには様々な優れた機能があります。「報告」ボタンから様々なことを匿名で簡単に報告できます。報告にはテキスト、画像、動画を含めることができます。組織担当者は報告に対して迅速に対応できます。「メッセンジャー」ボタンからは匿名のまま組織担当者と二者間チャットを行うことができます。また組織が設定した連絡先へ「助けを求める」から電話やSMSをすることができます。組織からアプリユーザーに一斉通知(お知らせ)を配信することもあります。

DOCUMENTit (ドキュメントイット)とはどのようなものですか?またどのように時間を節約し、リスクを軽減しますか?

DOCUMENTitはSTOPitモバイルアプリユーザーからの報告や相談を効率よく管理できるクラウドベースの管理システムです。後手の対応に回るのではなく、重大な事件を未然に防ぐことにも有効です。DOCUMENTitは導入組織ごとに自由にカスタマイズでき、担当者の時間を大幅に節約することができます。DOCUMENTitの主な機能はアラートやタグ、担当者設定、エスカレーション、フォルダー管理など多岐に渡ります。DOCUMENTitを活用することでデータを体系的に管理でき、傾向の発見や対応の進展状況を確認することも容易です。コンプライアンス順守にも大いに役立ちます。

STOPitを用いて、どのように他者のために立ち上がることができますか?

『他者のために立ち上がる』とは、何かよくないことを発見した時に見て見ぬふりをせず行動することです。STOPitは最先端のテクノロジーを用い、ユーザーが問題を発見した際にシンプル・迅速、そして匿名で報告することができるツールを提供します。それは問題を報告することに対する、ユーザーの物理的、心理的障壁を取り除きます。これまでユーザーが様々な理由で見て見ぬふりをしてきた問題に対して、STOPitは即座に立ち上がることができる力を提供します。

STOPitには抑止効果がありますか?

はい、STOPitは単に問題を報告できるだけではありません。強力な抑止効果も発揮します。STOPitが組織に導入されると、いじめなど不適切な行動をしようとしている人物に対して、実際に行動を起こす前に思いとどまらせる働きがあります。そしてそれは組織の健全な文化を育てることにもつながります。

その他、STOPitの有効な活用方法はありますか?

正確な情報を素早く確実に関係者間で共有できることです。体系化されたSTOPitプラットフォームを用いることで、組織担当者はユーザーからの報告や相談を効率よく管理でき、コンプライアンス順守のための管理記録やレポート作成なども可能です。DOCUMENTitではシステムが自動的に各種記録・証拠を適切に管理します。必要に応じて、組織内の上席や専門機関などに即座に対応を仰ぐこと(エスカレーション)も可能です。これらを含む様々なツールを活用することで、あなたの組織のリスクを軽減することができるでしょう。

「Student Privacy Pledge」誓約とは何でしょうか?

STOPitは子どもたちのプライバシーを守ることを重要視しています。STOPitは子どもたちのプライバシー保護を目的とする、「Student Privacy Pledge」誓約に署名を行っています。「Student Privacy Pledge」誓約は「The Future of Privacy Forum(FPF)」と「the Software & Information Industry Association(SIIA)」によって設立された誓約で、オバマ前米大統領もこの誓約を支持しています。「Student Privacy Pledge」誓約は子どもたちのプライバシー情報の取り扱いに関して、明確かつ厳格な基準を設けています。主な誓約内容として、子どもたちのプライバシー情報は正当と認められた教育の目的にのみ使用できるということです。また包括的なセキュリティ対策を施し、データの収集や使用に対して透明性を提供します。より詳しい「Student Privacy Pledge」誓約はこちらでご確認いただけます(英語サイト)。http://studentprivacypledge.org/